2017.06.25

10日以上日が空くのは初めてかもしれない。
「なるべく毎日、もしくは2日にひとつは書く」という目標でやっているのにも関わらず、こんなにも低浮上になってしまったことにはちゃんと理由があって。
学期末真っ最中です。

24日にひとつ、25日にひとつ期末paperの提出があって、先週は毎日デッドラインと闘っていた。
加えて、先週の月曜日から急きょ日本から両親が来て、学期末の忙しさが普段の10倍くらいに。
ほとんど学校で過ごしていたから両親の顔もまともに見れなかったんだけど、課題の提出をしたあとは、やっと少しだけのんびりと一緒に時間を過ごした。
といっても、私が疲れすぎて、ほとんど死体の状態だったんだけど。
「よりによってこんな忙しいときに来なくても…」と思うけれど、それでも久しぶりに両親の姿を見るだけで、精神が安定するのがわかってうれしい。


f:id:neruyooo:20170626110012j:plain:w350

学校や家族のことだけでなく、他の要件でもばたばたしていた。
友達の誕生日をお祝いしたり。
久しぶりに会うお姉さんとごはん食べてたら、共通の知り合いと偶然出くわしたり。
世間は狭すぎる。


にしても、私の休みはまだまだ遠い。
学部生なんかは先週からとっくに夏休みだし、他の院生もほとんどは夏休みに入るのに、私にはまだ28日の発表と30日デッドラインの課題が残っている。
あと一週間だけ踏ん張ろう、と心を決めてもこれがなかなかキツイ。

正直、文字を書くということを愛している私でさえ、言葉をこわいと思うようになる。
私の書く言葉は、果たしてどう受け取られるのか。
私はこの人の言葉をきちんと受け取って書けているのだろうか。

そんな私の背中を押す言葉は、「誠実さ」ということ。
できてもできなくても、誠実に向き合う姿勢を崩さないように。


今週だけちょっと力を振り絞って、3学期目の区切りを。

広告を非表示にする