2017.06.12

探しもののため、昔使っていたメールアドレスのアカウントにログインをした。
それは主に中学生の頃使っていて、私はその頃インターネットを通じて知り合った人たちとよくメールのやり取りをしていた。
中学生の私は、まぁほとんどの人がそうであるように黒歴史であり、いちばん人間関係が上手くいっていない時期だった。
だいたい、中学生の頃から、わかりやすくグループや派閥ができて、カーストが可視化する。
私の地元は幼稚園から一緒の人が多くて、小中学校はそのまま持ち上がりだし、ほとんどの人と仲はよかったし、別に嫌なことされたりはしなかった。
でも。中学生からの明らかにカースト制や派閥制に馴染めなかった私は、学校では心を閉ざして適当に付き合って、インターネットの人と親しく過ごすようになった。
同じ年頃で、なおかつ趣味が合う人と画面越しの関係は、そのときの私には心地の良いものだった。
今の自分が改めて当時の文面を読みと、あまりの幼さに赤面してしまう。まぁ10年も前だから、しょうがないんだけど。

そのとき仲良くしていた友達とは、高校にあがって以来パタリと連絡をとらなくなった。
高校に入って友人に恵まれたことによって、画面越しの友人も必要としなくなった。
ひとりひとり、名前や年齢を正確に覚えているわけではないけど、当時のやり取りを見ながら懐かしくなった。
今や連絡を取る術をもたない人たちだけれど、あの頃の私にとって大事な友人であったのは間違いがないからだ。


それと同じく、当時母がひとりで韓国に長期滞在していた時期があった。
その頃の母と私のメールのやり取りもでてきて、笑ってしまった。
当時の私がいかに稚拙でわがままだったのか。
当時の母がいかに大きな愛で包んでくれていたのか。
どうしてその頃は、愛情だと認識することができなかったのだろう。
これも黒歴史に間違いないんだけど、懐かしくてスクショして母に送ったら、母もすっかり忘れていたようだ。
まさか10年後、私がひとりで韓国にいるとは、当時想像もできなかったね、と話した。

なるほど、メールがサーバーに残っている限り、タイムカプセルのようにもなるのか。
LINEやKAKAOTALKだとこうもいかないよなぁ。
母と「たまにはメールでもやり取りしようか」と決めた。
きっとこの時間もあとで、懐かしく、愛しく思う日が来るのだろう。

私は、インターネットのこういうところが好きだったんだなぁ。
特に私が中学生だった、10年ほど前の頃は。
今やインターネットは身近なものになったけど、当時はまだ今とは違う文化があったんだもの。
友達とのメールで、「何時に集合ね!」とチャットのURLが貼られていたりして、本当に懐かしくなった、
インターネットも随分と変わってしまったなぁ。


f:id:neruyooo:20170612214936j:plain

f:id:neruyooo:20170612214957j:plain

友達がこの前送ってくれて、増えたヲタクコーナー。
休みになったらデスクもちょっと整理しないとなぁ。
そしてうれしいことに、8月は本物に会えそう。

その前に、期末をきちんと倒そう。

広告を非表示にする