読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017.04.05

昨夜、ブログを更新したあとに悲劇は起こった。

寝る前に確認しようと、発表原稿を開こうとするが、ファイルが開けなくなった。
GoogleNAVERを駆使するが、一向に復旧しない。
吹っ飛んだ、と頭で理解した途端、自分の感情がどす黒く歪んでいくのがわかった。

悲しい、ムカつく、やるせない、諦めたい、泣きたい、辞めたい、許せない、全てどうでもいい、なんとも呼べない感情で溢れた。
頭を抱えて、あまりの絶望に無力感で溢れた。


もう、がんばる理由がわからない。
全て辞めたい。
がんばれない。
休学してしまおうか。

今まで冗談のように口にすることはあっても、初めて本気でそう思った。
泣いて、泣いて、泣き疲れた頃には、私の心の底に残ってた一欠片の意地だけで机に向かった。

徹夜でなんとか終え、頭がふらふらになったし、メンタルは相変わらずやられていたけど、なんとか学校に向かおうとバスに乗る。


シャッフルで再生したある曲を聴いて、心が震えるのを体験した。

思い出せぬ程の 深い痛手と
使い切れぬ程の 高い理想抱け


びしょ濡れになったら 迎えに行くよ
ただ自分の現在地 見誤るな

最後のワンフレーズを聴きながら、涙が流れた。
不思議なことに、音楽が自分の心の温度に触れることがある。

なんとかがんばってやる、と少し晴れた気持ちで学校に着いた。


f:id:neruyooo:20170405225605j:plain:w350

f:id:neruyooo:20170405225637j:plain:w350


ちょうど朝から雨が降っていたこともあったのだろう。
桜が散ってしまわないか、心配になるけれど、そういえば春はいつも天気が悪かった。


発表をなんとか終え、助教の仕事をし、夜はまた授業を受け、帰ってきたのは10時過ぎ。
疲れすぎるとかえって寝れないんだよなぁ。

明日は家から出ないチャレンジをしようかな。
私はもっと寝てもいいと思う。