読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017.03.27

忙しなく過ぎる1日1日。
週末は秒速で終わり、新しい1週間が始まった。


週の初めは、本当にしんどい。
やることの終わりが見えない。
圧迫感に胸がつまりそうになる。

何度目か分からないため息をつきながら、ほとんど意地だけで前に進む。


f:id:neruyooo:20170327224032j:plain:w350

大好きな人に花束を贈った。
本当はもっと早く渡したかったのだけど、物理的に時間がなくて、随分遅くなってしまった。

申し訳ない気持ちで渡したのだけど、喜ぶ顔を見た瞬間、どうでもよくなってしまった。
単純なんだなぁ、感情って。
人に花を贈ったのって、いつ以来だろう。


f:id:neruyooo:20170327224058j:plain:w350

昨日は仲のいい友達に会ってきた。
去年からたびたびここにも登場する彼女なんだけど、最近大学を卒業した。
その後の進路予定が大きく変わって、もう少ししたらフランスに行ってしまうことを知った。

去年は特に、生活も慣れず、仲のいい友達もあんまりいない中、なんとかがんばれた理由のひとつに彼女との出会いもあったと思う。
それだけに、もう少ししたら来る別れが寂しい。
だいたい見送られる立場にいた私だけど、自分が見送る立場になるのは寂しいな。



最近、変な話になるけど、眠れない。寝不足だ。
もちろん、私は体力もないし超人人間ではないので、どんなに焦ってても最低5時間は寝るようにしている。
一応その通りに睡眠時間を割り当て、いざ寝ようとするのだけど、「あぁ、この時間は何もしなくていいんだ。休んでいいんだ。寝ていいんだ。」と思うと、うれしすぎて心がどきどきして、その興奮で眠りにつけなくなってしまうのだ。

自分でも、こんなことがあるのかと自身を疑うけれど、しょうがない、実際に身をもって体験しているのだから。
おかげで悪循環が進んで、やることはひたすら終わらないのに、体力はどんどん削られていく。

せめて、授業の前日はちゃんと寝たい。
寝不足で授業に出ると、教授に突っ込まれたときなんのカウンターもできなくなり、事故を起こすので。



あともうひとつ。
この場所で日記を書き始めて、今日で1年になった。

私はもともと文字を書くことが好きで、ずっと前から場所を転々としつつ、インターネットで書き続けていた。
だからあまり、1年という単位を大きくは捉えられない。
だけど、ここで文字を書いた1年は、私の人生のうち他の1年と比べて、かなり激動の時間だった。

ここに書いていたことは、胸のうちを正直に明かすこともあれば、誤魔化すときもあった。
確実に言えるのは、この場所で書きながら昇華させる行為を通して、私はなんとかがんばってこれたのだと思う。

この場所で書くことがいつまで続くかは分からないけど、習慣として生活の一部になっていることは確実だ。
誰がいても、誰もいなくても、私はどこかでずっと書き続けると思う。