読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017.03.06

週末が秒速のように過ぎ去り、バタバタと始まった一週間。
今日は、今学期最初の授業があった。

1学期目のときに受講してた教授の授業で、内容はかなり私の研究分野と関係あるということで、今回1年ぶりにこの教授の授業を取ることにした。
日本で博士学位を取っていたから、日本語はかなり堪能。
授業の雰囲気は、ほとんど他学科からの受講生で、人数は少なめなので、テキストを読むことに集中するとのこと。
前回この教授の授業を取ったときは、学生がそこそこいて、発表だけでも結構目いっぱいで、あんまりテキストに集中できなかったからこそ、今回の進行の仕方は良さげだと思ったり。
まぁ受講生が少ない分、毎週発表する羽目になるけど、自分の研究のためになるのは間違いないかなと。

3月に入った途端、学期の始まりを肌で感じて、まだなかなか適応できなくて、心が疲れているのがわかる。
こればかりはしょうがないから、休めるときに休むしかないけど。


f:id:neruyooo:20170306232927j:plain:w350

f:id:neruyooo:20170306232955j:plain:w350

夜は友達と会ってきた。
ソウル生活の当初、身近に同い年の友達が全然できなくて、それが悩みでもあったのだけど、昨年末あたりから急に同い年の友達ができるようになった。
今日遊んだ子も、そのうちのひとり、同い年の子だ。
年上・年下と遊ぶのはそれぞれ楽しいし、それは全然苦じゃないけれど、やっぱり同い年と遊ぶのは全然ちがう。
素直に、こういう友達がいてよかったなーと思う。

あとやっぱり、同い年で話していると会話のスピードが早いから、かなり言語の勉強になると思う。
特にこの子は普通よりも早口の子で、居心地の良さを感じつつ、脳の回転を休ませることはできなかった。

この子に対して、活力で溢れてて、明るくて強い子だなってずっと思っていたけど、改めて芯の強さを感じた。
ソウル生活で出会った人のことを思うたび、出会いに恵まれていると感謝せずにはいられない。


f:id:neruyooo:20170306233019j:plain:w350

研究室のデスクを整理したついでに、ヲタクゾーン設置。
実は私の好きな彼、明日誕生日なんです。

今日久しぶりに会った、とある男性アイドルファンの同期に、「わたしもアイドルヲタク、復活しましたよ」と伝えると、爆笑してくれた。
「勉強してると、ヲタ活が楽しいでしょう?」という言葉には、同意せざるを得なかった。