読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017.03.03

f:id:neruyooo:20170303231913j:plain:w350

新学期が始まったわけで。
急にドタバタし始めたし、きっと今月はずっとこんな感じだろうなぁ。
覚悟を決めた。


入学前からお世話になってる教授から、急に連絡が来た今朝。
ちょうど昨夜寝る前に、その教授のことを思い出して、連絡しようかなと思ってた矢先だったので、思いがけぬタイミングに驚いた。
用件は、今学期授業の助教をやらないかという誘いだった。
これまたちょうど、アルバイトを探していたところだった。
そして英語の勉強をしなくてはしなくてはと思っても、なかなか気が入らずにいたところに、国際学部の授業なので、強制的に英語に触れられる。
断る理由がないと思い、今学期受けることにした。

一応確認と、自分の時間割を告げたところ、教授は週に1度働く程度でいいと言った。
その言葉に安心したのとつかの間、急に仕事が増えて、かなりやることが多くなった。
仕事を受けた瞬間から、今日一日バタバタと駆け回った。
そうか、週に1度というのは現実的な話ではなく、概念としての話だったのか、と気づいたのも夕方頃。
(ちなみに、この話を親しいお姉さんにしたら、「あんた、どんだけここに住んでんのに、今さら気づいたの?(笑)」と笑われた。)

ただでさえ、授業ついていけるかという不安もあらなか、仕事まで増えて、両立がきちんとできるか不安だ。
ありがたいことに、周囲がやさしくて手伝ってくれるし、励ましてくれる。
「あなたならできる」と。

うん、がんばるしかない。
疲労した週末だけど、新しいことにときめく気持ちも、ちゃんとある。