読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017.01.27

Winter vacation 2016-2017

f:id:neruyooo:20170127224704j:plain:w350

f:id:neruyooo:20170127224920j:plain:w350

f:id:neruyooo:20170127224949j:plain:w350

f:id:neruyooo:20170127224728j:plain:w350

f:id:neruyooo:20170127224908j:plain:w350

f:id:neruyooo:20170127225013j:plain:w350

5日間、北海道へ旅をした。
実は、とあまり知られてないことだけど、私が1歳になるまで北海道に住んでいた。
もちろん、北海道で過ごした日々は私自身の記憶にはないけれど、私の家族のルーツでもある。
引越し以来、北海道へ最後に訪れたのは小学校に入る前の夏で、冬の北海道に訪れるのは引越してから初めてだった。
家族の話と、何本かのビデオテープと、写真で知っていた冬の街に初めて足を踏み入れた。
我が家のルーツ、日本移住の始まりの地。
短い時間、本当にたくさんのことを考えたし、たくさんのことを思った。
けど、両親の姿を見ながら、あぁ今連れてこれてよかったとも思った。
どんな記憶であれ、私たち家族がここで過ごした日々は、消えることない真実なのだ。


f:id:neruyooo:20170127225048j:plain:w350

f:id:neruyooo:20170127225118j:plain:w350

真っ白い街は、呆れるくらい非現実的だった。
北国は、肌がぴりっとして、鼻がツーンとして、やはりソウルのそれよりも寒かった。
母は「またここで住もうとしても、もう住めないかな」と苦笑していた。
極端な寒暖が苦手な私も同意だ。
でも、とても好きになれた。
やっと、この街に来れてよかった。
このタイミングで。


f:id:neruyooo:20170127225148j:plain:w350

ソウル→東京→北海道→東京、と移動しているのに、東京は東京で寒いのはなぜなのか。
気づけば、ここで過ごす日々も残りわずか。
残った時間は、本当に本当に大切に過ごしたいところ。