読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016.10.29

Master-2nd semester

f:id:neruyooo:20161030005621j:plain:w350

f:id:neruyooo:20161030005650j:plain:w350


忙しくて、意識があちこちに飛んでいる。
정신이 하나도 없음.
でも、ちゃんと楽しんでいる。わくわくしている。
つらくて泣きたくなる日もあるけれど、それ以上に期待している。
今日、ある人に「つらいときは『今日がいちばんつらい日だ!』って思っちゃえばいいのよ」と言われたけど、とてもよいアイディアだ。


勉強に関するつらさについて、この前ちょっと触れたけど、金曜日の夜は緊張が解けた瞬間、涙が溢れてきた。
私はあんまり泣かない人なのだけど、(というのも、昔父親に「おまえは泣き顔がブスだから人前で泣くな」と言われたのが刷り込まれているせいだと思う)久しぶりに思いっきり泣いたと思う。
無意識に、なんでも上手くやろうとするプレッシャーを自分にかけていて、当たり前に上手くできないからストレスを感じていたようだ。
ある程度あきらめてしまえ、というのは、ここ最近いろいろな人を通して聞く言葉だ。
そう思うだけで、心はふわりと軽くなった。
あきらめって言うとマイナスなイメージだけど、人間が自分ひとりでなんでもできるのなら、共同体も宗教もいらないわけで。
いくらこの社会が個人化が進んだといっても、ひとりだけで生きている人間なんていないのだから。


新しい出会い、新しい挑戦は、が然と続いている。
正直、それによってストレスを感じるときもあるのだけど、それ以上に得るものが多くて、単純な私はそのひとつひとつに感謝している。
週末はゆっくりできると思ったけど、結局それは無理みたいだ。
来週も再来週も、もっと言うと今年いっぱいはゆっくりできる暇はなさそう。
「死ぬわけじゃないし」という精神で、ほどほどにあきらめよう。
体と同じように、心も健康じゃないと、私たちはすぐに崩れてしまう。

ソウルは寒さが本格化して、今日はコートを解禁した。
ヒートテック解禁は、もうちょっと粘りたいけど。