読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016.09.19

f:id:neruyooo:20160918074948j:plain:w350

f:id:neruyooo:20160918075007j:plain:w350

f:id:neruyooo:20160918075038j:plain:w350

この前、学校の猫たちにもさっそく会った。
子猫たちはまだ人が近づくと逃げてしまうが、親たちは人間に慣れすぎている。
うちの研究室の人たちが熱心に世話をしているおかげか、他のとこにいる猫よりも毛並みがいい。


今日は久しぶりの授業だった。
わたしはもちろん、他の学生も教授も、連休明けの現実に馴染めていない様子。
授業は、経営学科のDesign thinkingで、初回の授業で聞いたように、講義よりも実施が重視で、今日も講義は最初の1時間のみ、残りはワークショップだった。
他学科だからアウトローだし、初めての人と韓国語で話すときはそれなりに緊張するけれど、思った以上にコミュニケーションがとれたし、ワークショップも楽しかった。
この歳になると、お互い「コミュニケーション苦手」とか言ってられないよね。
中高生のときにもっとこれくらい割り切れてたらよかったんだけど。
心配していた、readingが英文で、毎回内容の確認テストがあることも、思った以上になんとかなった。
読んでて思ったのは、うちの専門よりも文章がシンプルで、単語も難しい用語があんまりなくて、読みやすかった。
いい意味で、大学院の授業らしくなくて、なかなかに楽しかった。


授業のあとは、久しぶりの歯医者へ。
親知らずの治療も終わったので、本格的な矯正開始。
前に書いたか分からないけど、矯正のためにまた抜歯しなくてはいけなくて、来週2本ずつ2日に分けて抜くことになった。
急に決まって心の準備ができてないけれど、思えば親知らずの手術も心の準備することなく急に決まった。
親知らずの一件でかなりびびっているので、「親知らずのときは1週間くらい何もできなかったんですけど、授業あるのに大丈夫ですか?」「どれくらい痛いですか?どれくらい腫れますか?」と質問責めをして、相手をだいぶ苦笑させた。
「親知らずと比べたら、全然ですよ。大丈夫ですよ」とのことなので、安心して任せることにするけど。


忙しい1週間が始まって、ゆっくりひと息つく間もなく、次から次へとやるべきことが押し寄せてくるけど、忙しくてよかったなと感謝する心があることに気づいた。
毎日毎日を始まる新しい1日に対して、期待する気持ちを忘れずに。